太陽光発電 メンテナンス

太陽光発電はメンテナンスが必要ですか?

太陽光発電が気になっているのですが、設置後はメンテナンスが必要なのでしょうか?

ホコリがついたりすますよね?屋根の上のことなので、手間がかかったり、お金がかかったりするのかが気になります。

太陽光発電もある程度のメンテナンスは必要になります。
ただ、そんなに頻繁にメンテナンスが必要というわけではありません。
気にされているホコリなどの大抵の汚れは、雨で流されるのでまず心配はいりませんよ。
ただ、油分などのしつこい汚れはおちないこともあるので、そういった汚れで発電量が低下してしまうこともあるそうです。
だいたい年間にすると1〜2.2パーセント位発電効率が落ちてしまいます。
なので、数年に一度は設置業者に依頼して点検をしてもらうと、より効率的に発電出来ると思います。

 

余談ですが・・・以前宮崎県と鹿児島県に新燃岳の噴火によってたくさんの火山灰が降りました。
太陽光発電にももちろん火山灰は積もります。火山灰などの汚れも雨が降れば落ちるのでしょうが、いつ雨が降るかなんて分かりません。
ここで、各メーカーのアフターサービスに違いが出ました。
すぐに各家庭を回り、無償で屋根に上って火山灰を洗い流す業者もあれば、こちらから連絡しなければまったく対応しない業者もあったそうです。
こういったアフターサービスって結構重要ですよね。
出来ればアフターサービスの良い業者を選びたいものです。