太陽光発電 停電

太陽光発電は停電時に自家発電が使えますか??

停電した時に電気が使えると聞いて太陽光発電を検討しています。本当に停電した時でも太陽光発電で自家発電出来るのでしょうか??

また、その為には何か特別な設備が必要ですか?

結論から言うと、停電時でも太陽光発電で電気を使うことは出来ます。
が、まったくいつもと一緒で普段通りに電気が使えるということはありません。

 

まず、蓄電池を備えた太陽光発電でないならば、夜間など太陽光発電での電力生産が止まっている時は使えなくなってしまいます。
蓄電池を備えていれば、夜間でもお昼に生産した電気を溜めておくことが可能です。
しかし蓄電池はまだまだ高価なものなので、太陽光発電と一緒に導入しているところは少ないようです。

 

また、停電した際は自立運転モードに切り替えないと太陽光発電は機能しません。
自立運転モードに切り替えたことにより、停電時でも電気を使えるようにはなるのですが、その際の使用できる電力は1,500Wまでと決まっています。
ただ、これは太陽光発電がフルで稼働している場合の数字です。曇っていたりすると、この使用可能電力量の数字は少なくなってしまいます。

 

消費電力はメーカーによって異なりますが、冷蔵庫だと150w〜500wと言われています。1,500Wの発電量となると電力の無駄遣いさえしなければ、生活できるくらいの発電量ではないでしょうか?