鳥取県 太陽光発電見積り

鳥取県で最安値の太陽光発電を見つける裏技<無料一括見積り>

鳥取県で最安値で太陽光発電を設置したい方は、これだけは覚えておいてください。

 

太陽光発電の一括見積りサービス(完全無料)を利用することで、今現在最安値の太陽光発電を見つけることが出来ます。
また、それだけでなく、地域別の補助金情報や補助金の申請手続きまで行ってくれます。

 

2014年の鳥取県の太陽光発電の補助金について、現在利用できる補助金制度はありません。
【お問い合わせ先】
鳥取県 生活環境部 環境立県推進課 エネルギーシフト戦略室
0857-26-7879

 

鳥取県の市区町村一覧
岩美郡岩美町 倉吉市 西伯郡大山町 西伯郡南部町 西伯郡日吉津村 西伯郡伯耆町 境港市 東伯郡琴浦町 東伯郡北栄町 東伯郡三朝町 東伯郡湯梨浜町 鳥取市 日野郡江府町 日野郡日南町 日野郡日野町 八頭郡智頭町 八頭郡八頭町 八頭郡若桜町 米子市

 

信頼できる業者から太陽光発電を100万円安く設置する方法とは?

 

 

【太陽光発電無料一括見積りサービスBEST3】
各仲介サイトで提携している太陽光業者は違いますので、3サイト全てで一括見積もりをすることをオススメします。

 

太陽光発電促進付加金とは?

平成21年11月に太陽光発電で発電した電力のうち、消費せずに余った分を電力会社が買い取る制度ができました。
その余剰電力の買い取り費用は、何も電力会社が負担しているわけではないんですね。
私たち世帯全員の電気料金から上乗せして徴収しているのです。

 

それが「太陽光発電促進付加金」です。

 

ちなみに上乗せ金額は電力会社によって異なります。
最も太陽光発電促進付加金が高いのは九州電力の7銭で、一般家庭では、月に約21円の負担となっております。

 

特に九州や四国では、日照時間も長く太陽光発電に向いているために設置している家庭が多いんですね。
その分買い取り料が増えるために、各世帯の電気料金の負担額が増えるということです。

 

平成24年の今、太陽光発電の買い取り金額は1kwあたり42円で、電力会社が一般家庭に売る電気料金は約24円となりますので、差額が18円もあるんですね。
その差額を一般家庭に負担してもらい、太陽光発電の促進をするというのがこの制度の目的です。

 

ただ、太陽光発電促進付加金には批判も多くて、金持ち優遇の制度とも言われています。
確かに国の補助金や都道府県からの補助金もありますが、それでも初期費用が200万円ほどかかりますので、取り付けたくても取り付けれない家庭が多いのは事実です。

 

なので、太陽光発電の普及が進むにつれて各世帯の電気料金の負担が増えることになります。
もし少しでも余裕があるのならば、太陽光発電の設置を検討するのも良いかもしれません。

 

実際に200万円の初期費用が掛かったとしても、ローンで組み、毎月の売電価格と支払額がトントンなら一切負担無く設置することが可能です。
上記で紹介した、太陽光発電の一括無料見積りサービスを行えば、簡単にシュミレーションもしてくれます。

 

毎月の支払額が増えずに太陽光発電を設置できればお得ですよね。
少しでも太陽光発電の興味のある方は、無料なので、見積りサービスを行うと良いでしょう!